第15回放送 「死後の世界」

真夏の夜に送るホラー。今回は夏休み特別企画ということで、「死後の世界」について語ります。
人は死んだらどうなるのか。地獄とはどのようなところか? オバケはいるのか?
そのような誰もが抱く疑問について、この放送では討論を重ね最終的にはスッキリ!スッキリスキスキ!と解決するようになっております。
ちなみに、放送中に「人類の祖先は400万年前に誕生した」と述べていますが、400万年前にアフリカに登場したアウストラロピテクスは最初の人類ではあるものの、今の人間の直接の祖先ではありません。我々は、アウストラロピテクスとは別の枝を辿って進化してきた生物のようです。一応補足でした。

サイダー

 私、不肖さくら剛は、恥ずかしながら何度か放送中に「通販でサイダーを買っている」という話を暴露されてしまいました。今ではもう、さくら剛がネット通販でサイダーを買っているということは、日本全国に周知の事実となってしまっています。なんということでしょうか。
 しかし聞いて下さい。考えて下さい。みなさん。
 通販でサイダーを買うことが、そんなに悪いことでしょうか? 私のしていることは、人として間違っていることなのでしょうか? それほどまでに責められなければならないことでしょうか?? サイダーを通販で買うことが……。

 世の中には、ネット通販で大麻や覚醒剤を買っている人だっているじゃないですか。使用済みパンティを買っている人だっているじゃないですか。ネットを通じてデリバリーで部屋に女性を呼んでいる人だっているじゃないですか。
 そういう人たちと比べたら、サイダーを買うくらいなんですか。覚醒剤に比べたら、サイダーなんてかわいいものだと思いませんか? パンティと比べたらサイダーはパンティよりはかわいくありませんが、でも使用済みパンティよりかわいくないとしても、罪の深さはサイダーの方がパンティよりは浅いではないですか。さくら剛自体はパンティよりかわいいですけれど。
 サイダーだって中毒になりますが、サイダー中毒になったからって覚醒剤中毒と違い裸で日本刀を振り回すようなことはありません。パンティ中毒と違い道端でおねえさんに「いまはいているパンティをくれませんか~~」と頼んでしまうこともありません。その点では、サイダーは覚醒剤やパンティよりもはるかに健全と言えます。

 それがわかったなら、みんなで買えばいいじゃないですか。サイダーを買えばいいじゃないですか。恥ずかしいことなんてありません。
 覚醒剤と違いサイダーの場合は、サイダーをやめなくても人間をやめる必要はありません。覚醒剤をやめるか人間をやめるか選ばなくてはならなくとも、サイダーならば人間であることと両立できるのです! この僕のように!

 これがさくら剛がいつも注文している神戸居留地のサイダー、レモン&ライム味や!! 男の生き様、見さらせやっ!!!!!

第14回放送 「作家」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

私は作家です。それを忘れてはならない。そして私のことを尊敬してくださいみなさんも。それが義務です。
今回は、さくら剛が作家としてどのような立場にいるか? どんなことを考えて本を書いているのか? 何が僕を作家たらしめているのか?? 作家とサッカーはどう違うのか? そんなこと話していません。やめてください。

先週に引き続き

 先週に引き続き、今週もまたトリカゴ放送さん、海外ブラックロードpodcastさんにゲスト出演させていただきました。そこでは何を隠そう、このpodcast「さくら通信」についてアピールをさせていただいております。各放送へは、左上に見えますリンクをポチッとクリックください。

 しかしまあなんですねえ。
 ネットラジオというのはPC環境さえ揃えば誰でも開設できてしまうもの、よって番組の数はそれこそ無数にあり、その中から自分の番組を聴いてもらうというのはひと苦労です。
 人の時間というのは限られていますから、この世の全てのpodcastを1人の人間の人生のうちで聞ききるのは不可能です。せいぜい2~3~5~6番組程度、毎日の通勤行き帰りで聞いたとしても10番組が限界ではないでしょうか。仕事を辞めて1日20時間毎日聞き続けたとしても、せいぜい300番組が限界でしょう。でもむしろそのくらいはして欲しいところです。2人に1人はそのくらいしてほしいです。podcastは聞くべきです。全国の保育園では、これからはおひるねの時間を取りやめて「podcastを聞く時間」に切り替えるべきです。自分で稼いでもいないような生意気な子どもを陽の高いうちから寝かせてやる必要はありません。もっと有意義な時間の使い方を学ばせるために、園児たちには毎日podcastを聞かせるべきです。放送中に寝る子どもが出ないように、両手になみなみと硫酸の注がれたコップを持たせてもし居眠りなんてしようものなら濃硫酸(以下略)。

 ともかく人が定期的に聞くpodcastの数というのは多くてもせいぜい10番組程度となるわけですが、であるからには、その10番組の中に入るには熾烈な競争が繰り広げられ、私のように必死に各番組にゲスト出演させてもらいアピールをする必要が出て来るのです。
 でも当然のことながら、トリカゴ放送さんも海外ブラックロードpodcastさんもまずは自分の番組を世に広めることが第一の課題なわけですから、そこに横からしゃしゃり出て来て(まるでてんとう虫のように)僕がさくら通信を宣伝するというのは手放しで歓迎されることではありません。むしろ彼らにとってそれは敵に塩を送るようなもの。簡単には受け入れがたいもの。それならば、どうして僕はゲスト出演とサイトの宣伝をさせてもらうことができたのでしょうか?

 …………それは、僕がかわいいからです。
 かわいすぎるんです僕は。声だけだと伝わらないと思いますが、本当にかわいいんです。ペンギンとか目じゃないです。こんなかわいいやつに「ゲスト出演させてよ」って頼まれたらこの世の人間なら断ることは不可能なくらいかわいいんですだから本能的にみんな頼み事を聞いてくれるんです。あまりにもかわいいから。気象予報士の資格を取ったらすぐさま民放6局から同時にお天気お姉さんのオファーが来るくらいかわいいから。実際来たことあるし。ていうかやってるし。あの番組のお天気お姉さんオレだし。女装して出てるからバレてないけど。あれオレだし。あのかわいいのオレだし。もうこのブログなんてほとんど誰も見てないからそういうことでいいのよ。言いたいこと言ってなあなあで終わってもいいの。世間は夏休みなんだからさあ。なんでオレだけじめじめした暗い部屋で1人でパソコンに向かってブログを書かなきゃいけないわけ? リゾートに行かせろっていうんだよ。ガムサイパンに行かせろよ。博多の中洲にも行かせろよ。無料案内所で選ばせろよいいのを。

第13回放送 「インターネット」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

インターネットについてのトークです。
なにしろpodcastというのはインターネット技術・文化の発達なくしては存在し得なかったもの。さくら通信およびネットラジオの原点とも言うべきインターネットについて、その技術論や功罪を語るかとおもいきや全くそういう真面目な話はやっぱりせずに、日々ネットを使っている上での枝葉末節、頭に来た話とかmixiの話とかをだらだら話しています。
お粗末さまです。

7月16日

 どうもありがとうございます。
 前回中国をテーマにした放送をアップして後、兄弟サイトである海外ブラックロードさん、トリカゴ放送さんにも立て続けにゲスト出演させていただきました。
 もちろん両方ともテーマは中国です。

 話す内容は中国とはいえそれぞれネタがかぶらないようにきっちり考えて行きましたので、トイレはトイレでもまた新しい着眼点からドアなしニーハオトイレを切るような、違う汚さ、別角度のおぞましさ、どこもかしこもバラエティに富んだ下品な内容になっております。
 汚い話ということはたいして変わりないけどね。あっはっは。本をどうぞよろしくお願いしますとお願いしていることも変わらないよ。そこは不変だよ。最近悪夢ばっかり見て寝れないよ。

 それにしてもトリカゴ放送および海外ブラックロードをずっと毎週巡回しているというみなさん。どこを聴いてもさくら剛ばかりですみません。ジャンジャン出て来てすみません。お恥ずかしい限りです。日本人らしくもっとしおらしく、控えめに生きられたらいいのに。しかし時代がそれを許さないのです。この暴力と血祭りと拷問に支配された不吉な時代が。この恐ろしい世紀末の日本が、さくら剛を出してしまうのです。ネットラジオにゲストとして。

 ただ、同時期に3つのサイトで同じテーマで同じ人間がゲストで喋るという出来事を分析しますに、その3番組がそれぞれどんな特徴を持った番組かということがよくわかるかもしれませんよ。出る人間は同じでも、放送を聴いてみると雰囲気はそれなりに違っている。こんな感じだったり、あんな感じだったり。かわいい感じだったり、ハンサムな感じだったり。強そうな感じだったり。繊細な感じだったり。かっこいいさくら剛だったり。それが、その番組のカラーというものなのです。同じ人が喋れば同じ番組になるのではないのです。あるんですそういうのが。
 お願いどうか新刊が1冊でも多く売れてくれますようにどうかどうか神様…………うう…………