第19回放送 「ひとり旅2」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

ひとり旅テーマの2回目で~~~す。続きで~~す。
旅とはなんぞや。男とはなんぞや。スケベとはなんぞや。そういうテーマではありません。
前回徹底的にひとり旅の素晴らしさを語りみなさんにひとり旅をおすすめする放送になっていたのに対し、今回はひとり旅の欠点を並べてみなさんにひとり旅をおすすめしない放送になっております。寝る。

豪雨

 それにしても、昨日はすごい豪雨でございましたね。なんとなく、人生で最も激しい雷が鳴っていたような気がします。なんとなくというのは、寝ていたからですけど。でも雨音と雷と、杉並区役所からの大雨洪水警報の放送で寝られなかったです。雷、怖かったです。ゴロゴロゴロゴロ……
 今は、次第に起きるのが遅くなっていた生活を早朝に起床するサイクルにあらためるために、強引にますます起きる時間を遅くしています。昨日は起きたのが夜の8時です。
 夜に起きるようになると、心にヒビが入ります。心が不健康になります。この生活サイクル調整期間はなるべく人と会う予定も入れないため、人と喋ることなく夜に目覚め世間が寝静まった時間帯にひとりでじっとパソコンに向かうのです。
 そんな毎日が続くと、気持ちがふさぎ込んできます。「死んだら楽だろうなあ」とか考えてしまいます。そんな時にはムクの写真を見ると心が安らぐんですけどね。今も気持ちがちょっとふさぎ込む時期です。なんて人生っていうのは楽しくないんだろうかと、いつもじゃないんですけど、ある瞬間にふと思ってしまうことがあります。夜中に起きていると。脳がおかしくなるんです。これが昼間に起きているようになると、なにもかも楽しい具合になったりするんですけどね。
 でも夜中に起きていようと、動物と遊びたいとはいつも思います。

第18回放送 「ひとり旅」

旅とはなんぞや。男とはなんぞや。
このさくら通信は「旅番組」ですので、メインテーマであるひとり旅の話をしたいと思います。
実に旅番組にふさわしいテーマですね。
旅というものがいかに素晴らしいか、ひとり旅がどんなに楽しいものか、いつもどおりそんな話はしていません。さくら通信ってのはそういうものです。

コミケありがとうございました。

 先週日曜日、コミケのトリカゴブースに1時間だけおじゃましました。
 声をかけてくださった方、ありがとうございます。
 僕も初めてコミックマーケットなるものに行きましたが、それにしてもすごい人でしたね。特に屋上のコスプレコーナーはただごとじゃなくて、炎天下にあの人数、1平方メートルあたり30人ほどのインドア男たちが密集して、いつ建物が崩落しても不思議ではない混雑ぶりでした。セーラー服姿でポーズを決めるコスプレ女性、その女性を囲んで100人ほどの黒っぽいTシャツを着たアニメ好き男性たちが一眼レフのカメラを命がけで構える、そして必死で「目線おねがいしまーす!」と叫ぶ姿。プロでもないのに、自分の趣味のためにこんなにも礼儀正しい彼ら。進んで声を出していく彼ら。ああ、美しい。すばらしい。僕は感動しました。感動しすぎて気持ち悪くなりました。
 屋内は屋内で歩くのも困難な人数でしたから、あそこで火事が起きたら1万人くらい死ぬでしょう。まずパニックになって出口に殺到しようにも出口に一斉に5万人くらい集まるわけですから、火事で死ぬというよりも圧死ですね。しかもコミケのお客さんというのは、高体重率が高いような気がしました。巨漢な体を揺すり汗だくになって薄い髪の毛がべたっとオデコに張り付いている、そんな個性ある素敵な方々をたくさん見ました。だから、深刻なハプニングが起きてしまったら、そんな個性ある方々に挟まれて押しつぶされて死んでしまうことになるのです。ヨダレがでちゃいますね。
 ようするに僕がいかに先週のコミケというものを堪能したか、どれだけ楽しんだかということがこの文章からわかっていただけると思います。来年こそは僕も2500円のパンフレットを購入して、朝から並んで数々のエロ同人誌をゲットしたいと思います。そして台場近辺のカフェでひと休みしながら仲間と戦利品のエログッズをテーブルの上に広げて高らかに周りの迷惑も気にせず気持ち悪い大声で笑いあいたいと思います。
 ほんとにコミケは楽しかったなあ。あの場こそ、僕が命を賭けるにふさわしい理想郷だと思いました。
 もしあれでしたら次はボランティアスタッフとしての参加も検討したいと思います。

第17回放送 「魁!男塾」

男とはなんぞや。独眼鉄先輩からの問いかけに答えて、今回のテーマは「魁!男塾」です。
男塾といえば、つい数日前に「アメトーーク!」のテーマにもなっていましたね。
今回の放送はアメトーークより前、7月に収録したものですが、さすがにツッコミどころは似たようなものになりがちです。アメトーークと同じことをつっこんでいるところもあり、アメトーークでは触れられなかった場面について語っているところもあり。
しかし知識では決して負けていないんや!!

お騒がせしました♪

 はい、先週の放送では異音の正体がきっちり明らかになりましたね。よかったです。心霊現象かと思いましたが、心霊ではなく山本さんでした。心霊と山本さん、似たもの同士ではありますが、同じではありません。3カ所くらい違うところがあります。

 ということでめでたく心霊騒ぎは終結し、激しい腰痛だけが残りました。
 腰が痛くてイスに座ってられませんね。ああ困った。先週まであちこちに行って遊びほうけていたので、これからちゃんとPCの前に座って毎日何十時間も作業をしなきゃいけないんですよ-。ずっとイスに座り続けなければならないのにこの腰痛。そもそも異音騒ぎのせいで腰痛が悪化したのに、異音騒ぎは解決しても腰痛の方は解決しません。一度悪くなったものがそう簡単には治りませんからね。原因は完全に異音の呪いのせいですが、腰痛が悪化したからにはもう腰痛が一人歩きし始めたのです。まいった。この腰めっ!!!!

 今回は呪いだなんだとツイッターやブログで騒いでしまったため、本気で怖がられた方が多くいらっしゃったようです。怖くて聞けないですーというコメントも多数いただきました。
 みなさん、ほんと恐がりですねー。大人なんですからもっと冷静に物事を見ないとダメですよ。たかが子どもの声が聞こえたくらいでなんですか。その程度のことで取り乱していたら、実際に子どもが生まれたらどうしますか。責任を持って育てられますか? そんな恐がりなお母さんで。まったく。
 僕は怖がっていたフリをしていただけです。本当ですよ。全然怖くなかったです。まったく怖くなかったんです。それはもう間違いないです。絶対怖くなかった。少しも。だって、怖いという感情が僕にはありませんから。僕がただひとつ世の中で怖い物があるとすれば、それは自分自身です。この大胆さ。この行動力。自分が恐ろしくなってきます。この肌のなめらかさ。実年齢に比べて若すぎる外見。おそろしい……自分がおそろしい……そして美しい……