第41回放送 「テレビドラマ」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

ファミコンに引き続き、ひきこもりの友達テレビジョン、その中でも王道であるドラマについてのテーマです。本なら小説、テレビならドラマは王道ですね。王道にさくら剛の出番はありません。本でもメディアでも、細い支流を見つけてこざかしく生きる、それが私です。
しかし今後は腕試しのために、積極的に王道に食い込んでいくのもいいかなと思っています。
それにしても放送の中でも話していますが、プリズンブレイクは最高のドラマです。特にシーズン1! シーズン3もすごい! シーズン4も前半はすごい! でもシーズン4の後半はもう迷走しすぎて見ていられない! シーズン4の前半で終われば非の打ち所のない伝説の作品になれたのに。でもプリズンブレイクのシーズン1は、テレビドラマを見ながらこんなに胸躍るドキドキすることなんてあるのか!と、大人になってからあらためて気付かされて驚かされた、そんなものがプリズンブレイクのシーズン1です。
なお、名脇役の小日向文世さんはこの方です。だいたい見るドラマの5本に1本は小日向さん出てますね。

1月28日

 この10日ほど、地元の浜松市から静岡市、名古屋と大阪の書店さまに挨拶回りに行っていました。
 新刊を出しても地方の書店さんにまでうかがうことはとても珍しいことですが、出版元であるサンクチュアリ出版さんはとても太っ腹な会社のため、珍しく出張に行かせてくださったのです。
 ほとんどの書店さんが初めて訪問するところでしたが、みなさんとてもあたたかく迎えてくださって……
 私は感動しました。
 特に、名古屋と大阪と静岡と、一部浜松の書店さまではとてもよくしていただいて。ほとんど全部ですが。東京だとやはりお客さんが多いからなのか、他の地方とは違う感じですが、他の地方の書店員さまは、東京とは違う感じで、東京でもあたたかく歓迎してくださった方はたくさんいらっしゃいましたが、地方ではより輪をかけて、歓迎していただけて嬉しかったです。その通りなんです。東京も素晴らしい。地方はもっと素晴らしい。もう全部素晴らしいってことです。この世は全部素晴らしいんです! 素晴らしくないものはないんです!

 素晴らしいといえば出張って、素晴らしいですね。紀伊國屋書店梅田店さまでは、サイン本をたくさん置かせていただけて、さらに店内放送で著者自身がアナウンスする告知放送を収録していただけました。これからちょくちょく店内で流していただけるそうですので、梅田駅、大阪駅ご利用の方は一度足をお運びいただければと思います。阪急梅田の駅のあたりにあります。サイン本は残り僅かとなっております。お急ぎ下さい!
 それにしても、こんな僕の存在を知っていてくださって、「旅行記読みました」と言ってくださる書店員の方が日本のあちこちにいる、そんな立場というのはなんて幸せなんだろうと思いました。大阪なんてプライベートで訪れたことは一度もなかったのですが、それでもあんなに良くしてくださって……歓迎してくださって……構ってくださって……僕は感動が抑えきれません。ちなみに、一番自分の知名度の無さを実感した地域は、浜松でした。おもいっきり僕の地元です。これがネタでなくて本当だから悲しい。駅前の大きな本屋さんなんかではコーナーを作ってくださったり大きく展開してくださって「ああ地元って素晴らしいな」と思ったのですが、いえいえ、どこの本屋さんでもとてもよくしてくださって僕は本当に嬉しいですよ!! 嬉しいってことを言いたいんです!! 

第40回放送 「ファミコン2」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

前回の続き! ファミコンについての後編です。
20年前に遊んだなつかしのソフトたち、スーパーマリオやスペランカーにポートピア、ウル技ウソ技、高橋名人などについて話しています。

1月21日

 雪は白いですね。
 1月の下旬です。そろそろ冬の中でも1番寒い時期になりつつありますね。なにしろ1月も下旬ですから。決して上旬ではなく、これからは下旬なのです。他でもない、下旬なのです。間違い在りません。上旬、中旬ではなく下旬です。カンサンジュンでもないよ。1月下旬からしばらくは、1年で1番寒い時期なんです。これはもう、めでたいことです。1番寒いと言うことは、その次の時期になれば2番目以降の寒さになるということですからね。そして2番目の時期が過ぎたらその後は、また1番寒くなるかもしれません。
 終わる。

第39回放送 「ファミコン1」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

ファミコンといいながら、余計な話ばかりしていてあまりファミコンに触れていないような気がします。
しかし我々はファミコンについては話すことはたくさんあります。1回に限らず、末永くファミコンについて語っていきたいと思います。
もう少し具体的なファミコン話は、次回更新をお待ち下さい。

熊は怖い

 ホラー映画より怖い、実際にあった事件です。最近知りました。この事件です。こちら(wikipedia)です。
 ホラー映画くらい怖いです。ホラー映画ではモンスターが出て来て人間を無惨に襲いますが、この事件は現実に起こった出来事だというのが本当に怖いです。記事内からリンクされている他の事件も、同じように怖いです。また、この記事を読んだ後で、事件跡地の映像を見るとまた本当に怖いです。http://bit.ly/AioYAe こんなデカい熊に周りの人間がバリバリと食べられて行くなんて。体を食いちぎられた破片があちこちに転がり、ヒグマにくわえられて森の中に連れて行かれる女性の唱える念仏だけが静寂の中に聞こえるという・・・
 こんなのを見ると、最初に熊の居場所を奪ったのは人間なんだとか言っていられなくなるように思います。殺るか殺られるかです。ネコにエサをやるなという人間を見ると、ネコの居場所を奪っておいて勝手なことを言う思い上がった野郎にすごく頭にきますが、この事件の、3mにもなるというヒグマに関してはもう人間対ヒグマの戦争、これはもうやるしかないという気分になってしまいますね。戦争ですね。「家なき子」の映画版ですね。
 とはいえ、普段はマタギが山に入って行って熊を撃っているわけですから、熊の立場で考えると、罪もない仲間を殺しまくっている敵の陣地を今度はこちらが襲撃してかたきを取っているだけですから、この事件は熊にとっては胸のすく思いでしょう。そう考えると人間殺されて当然ですね。この記事を読んで怖いと思うことが、すでに偏った考え方かもしれません。人間側の勝手な考え方なのですから。生物として完全に対等な立場から見ると、相手を殺している量は圧倒的に人間の方が多いし、しかも先に殺したのは人間の方だし、裁判ならヒグマは無罪でしょう。人間こそが死刑を宣告されて当然です。しかし、生きながら3mもの恐ろしい獣に体を食べられるというのは、どんな気分なんでしょうね。その場面、見てみたいです。