第51回放送 「恋愛の統一ルールを作れ2」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

女性を敵に回す放送です。そんな気がします。そんな予感がします。パート1にも増して男目線で好き勝手なことを言っております。
ただし、これはあくまでも笑いとして成立させるために、思ってもいない悪そうなことをあえて言っているのであります。涙ながらに言っています。つまりそれが、日本のためなんです。日本に夜明けをもたらすために、今回の放送を覚悟を決めて収録したのです。その点をどうかご理解いただきたく思います。

・我々2人と幕末の志士たちの関係
・世の中から恋愛の悩みを無くすための、新ルール策定
・女性には大変失礼な内容となっております。申し訳ありません。
・すべては国のためにやったことなんです……

といった内容となっております。
いや、ちょっと違うかな……。ともかく、失礼しました。

4月7日

 だんだんと春めいてきましたね。このサイトのトップ絵のように、うちの近所では桜がマン開です。春といえば入学と卒業のシーズン。僕もいよいよひきこもりを卒業して、イケてるグループへの入学をしたいと思っています。もうイケていない人生はこの春で終わりです。僕はモテますよ。この春からの今年度は、モテていこうと思います。今年度こそ、モテていくという計画を立てています。そろそろ僕にもモテキが来る頃かなあと、期待しています。必ずや来ると思います。しかしそのためには行動派にならなくてはいけません。人の集まるところに顔を出さなくてはいけません。パーティなどに、今後は積極的に取り組みたいと思います。

 そんなモテキ前夜の僕ですが、先日のエイプリルフールのテーマでお話ししたハッサン少年とのエピソードには、「感動した」「男の友情ってうらやましい」「大好き♡♡♡♡♡♡♡」といった意見を多数いただきました。自分で言うのも何ですが、国境を越えた人の絆って素晴らしいですね。そんな素晴らしい絆を旅先の少年と作り上げた僕は、まさしく素晴らしい人間です。ウソです。素晴らしくないです。バカです。一番バカなのが山本さんで、次にバカなのが僕です。
 そんなわけで、熱いご要望にお応えしましてお宅訪問した際のハッサン少年とその家族の写真を公開してしまいます。本人の許可は取っていませんが、厚い友情が成り立っているハッサンとこの僕(タナカ)の間柄ですから、そんなものは「あ」「うん」と意気投合して了承するはずです。彼は本当に心のキレイな少年でした。できるものなら、また会ってみたいですね彼に。

 ちなみにハッサンといえば横浜港署に所属する大下勇次刑事扮する「ハハハのハッサン」を思い浮かべる方もいると思いますが、バングラデシュのハッサン少年と横浜のハハハのハッサンとの繋がりはまったくございません。ハッサン少年は鍵を開けたりしません。僕はヒヒヒのヒッサンです。

第50回放送 「エイプリルフール」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

エイプリルフール反対運動中です。今日は4月1日ですので、エイプリルフールに反対するお話をいたします。泣ける話もありますよ。

・とにかくウソなんてついたらダメである。
・優しいウソなんていうものは無い。
・ウソにまつわるさくら剛と少年の友情の物語
・おとなのウソ話

などについて話しております。