第157回放送 「すぐ話す夏の恐怖体験談1」

あの恐怖体験……、誰にも言えなかった、あの恐ろしい体験。
夏だから、お話しします。夏はみんなが恐怖体験を話す季節であり、お話しすることによって霊のみなさんを供養してあげるという、そういう方向性もある模様です。そんな昨今です。この世には、あなたの知らない世界があるのです。恐山……そして青木ヶ原の樹海……こわい……誰かが見ている……
私もそろそろ成仏する時がやって来たような気がします。霊界では引きこもらずに楽しくやっていけたらいいなと思っています。霊の世界でも、モテるモテないで悩むことがあるんでしょうか。そんな悩みからは、もう解放されたい。
霊界でも、きっと人口増加は大きな問題となっているでしょう。なにしろ、霊の世界では誰も死なないのですから。ただただ死者は増えるだけなのですから……ほら……あなたの後ろにも……

第156回放送 「面接」

面接ほどバカバカしい行事はない!
人はみな、面接は茶番だって気付いているのに。だのになぜ、大人たちは面接をするの?
就職における面接、志望動機や自分の長所や短所や特技やセールスポイント、そこに意味はあるのかい。そこに希望はあるのかい。それを語ることで、救われる子どもたちがいるのだろうか……?
自分で自分の長所や短所を発表することになんてなんの意味も無い。自分の長所を自分で言うような奴は傲慢であり、自分で言った時点でその長所は潰れてしまう。どんな長所があろうとも、「自分で自分の長所を言う奴」というマイナスポイントの方が悪目立ちし、その欠点が長所をかき消してしまうのだ。
そして短所、自分の短所を自分で言えるほど短所に気付いているのに、気付いていながら今まで治せずに現在もその短所を持ち続けているということは自分が人間的に未成熟でだらしない存在だということを発表することになるのだ、そういうことになるのだ、自分で自分の短所を述べるなどという行為は。
従って、自分の長所や短所を聞かれたら、そんなものは人様に話すようなものではございませんと、答えるのが正解であって、ぺらぺらと僕の長所はこれで私の短所はこれなんですよなどと宣言するのは愚かなことこの上ないのである。あんたたち、やめておしまいそんなもの。あんたたち~やめておしまい~そんなもの~なにはともあれ~放送聴けよ~(短歌調)。
ガッッデム!!!

第155回放送 「VRの衝撃体験2」

こんなVRが欲しい!! VRの未来はきっとこうなるに違いない!
「VR」といえばそう、あれの略。あれを略して言うとVR。つまりVRとはそういうことです。このVR技術によって人類の未来は革新的に変わる……なにしろVRはあれの略なんですから……

このVRシリーズは、パート4までございます。前回のパート1は導入としてのイベント体験談、そして2から4まではさくら剛による「こんなVRがあったらいいな」という提案でございます。
きっと1年後、5年後、10年後、この放送内で話したVRが製品化され、世の中に広く出回ることになるでしょう。そうしたらみなさんは、声高らかに述べてください。「それは○年前にさくら剛があれの中で喋っていたやつだよね」と。彼はそんなものとっくの○年前に思いついていたよねと。あいつはそうだったと。もうあいつはいないけど、Podcastの中であいつの話が聞けるぜと。

1日が過ぎるということは、さよならが1日近づくということ。

なお、本日より「過去放送&おまけ放送第13集」の販売を開始しております。販売ページはこちら
今回のおまけ放送3本の内容はこちら
※ファイルをコピーして友達などに配るのはおやめくださいね。さくら通信は過去放送の売り上げで運営費を賄っております。

過去放送購入に際し、スマホの扱いに慣れていない方はこちらをご参照ください
以下バナーをクリック
さくら通信過去放送セットをスマホで聞くには?

第154回放送 「VRの衝撃体験1」

VRの進化がすごい! 唖然愕然!
少し前の話になりますが、昨年の夏に、お台場のVR体験イベント(VR ZONE)へ遊びに行って来ました。今回はそのレポートです。高所恐怖SHOW! 脱出病棟!!(※私が「殺人病院」と覚えていたのは、本当は「脱出病棟」という名称でした。間違えました。すいません。まあそれくらいいいでしょう) 滑空と滑降
秋葉原あたりではなんでも「アダルトVRエキスポ」という、人知を越えたドスケベが集まる変態的なイベントも行われたようでありますが、そういうのではなく僕が行って来たのはまともな方のVRイベントです。誰かと違い理性的な人間が参加する方の行事です。

さて、去年期間限定で行われており、すでに体験できないVRイベントですが、どうやら2017年には新宿にオープンするようです。高所恐怖SHOWも脱出病棟もあります! 正式名称は「VR ZONE Shinjuku」というそうです。これも間違いなく大人気になると思いますので、今回の放送を聞いて気になった方は、ぜひサイトに張り付いて予約をしてみましょう!

ティッシュ(エルモア)の上に君臨するエルモズ

今のところリスナーの皆様のおかげで首の皮一枚つながっている新刊、
(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。の方もぜひどうぞよろしくお願いいたします!!

第153回放送 「心配症」

心配症な人間というのは、普段どういうことを考えているのか?というお話です。ちょっと体調不良につき、テンション低めです。すいません。

ちなみに前回は初めての「さくら通信特別編」でした、みなさま、お聞きいただけましたでしょうか??
Twitterでエゴサーチをしてみると、実にたくさんの方に新刊を買っていただいており、人の暖かさというものを身に染みて感じたこの一週間でありました。
ともあれしかし、私の知名度不足からか、現在の売り上げは、判定基準の瀬戸際ライン上ぎりぎりのところを進んでおります。
発売2週間の売れ行きがすごく重要なポイントで、ここからラインを越えられるかどうかによって本の命運、ひいては僕の命運が決まります。場合によっては作家として身の振り方を本気で考えなければいけません! 冷や汗をかく毎日です!

もし「そのうち買いに行ってやってもいいかな」と思ってくださっている方がいらっしゃいましたら、どうかこの週末に本屋さんへ! 足を運んでいただけましたら嬉しいです!

ツタヤ書店さんには割と置いていただけてるようです。
↓はTSUTAYA あべの橋店さんです お近くの方はぜひ!!

↓内容がよくわかるパネルです

タイトルは
「(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。」

どうぞよろしくお願いいたします!!

特別編 「7年目にして初の特別編での告知」

今回は特別編とさせていただきます。
誠に勝手ながら、今回は通常放送とは違い、告知を多く含む内容となっております。しかしこんなことも、タイトルの通りさくら通信7年目にして初めてのこと。
どうかひとつ、暖かく聴いてやってくださいませんでしょうか。

私の本は、1冊でタレント本3冊分の内容があります。クオリティの問題はさて置いて、物理的にそうなのです。
原稿用紙換算、文字数換算で同じ1冊なのにそのへんの本の3倍のボリュームがあります。文字がぎっちり、ページが多いことで有名なさくら剛の本。今回の新刊はとりわけいつもより分量が増えています。それで値段はAKBメンバーのエッセイ本と同じ!!
あちらは3日くらい、こちらは1年がかりで作ったというのに。

みなさま、さくら剛が時間をかけて大事に作り上げた新刊「(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。」を、どうかひとつよろしくお願いいたします。
よかったらさくら通信「作家と本」の回もまた聞いてみてくださいね。