4月25日

 こんにちは~。
 春はあけぼのと言いますように、春眠暁を覚えずと言いますように、朝方寝ているのがとても気持ちよい季節になりましたね。これが夏になるとクーラーをつけて快適な室温のために朝はいつまでも寝ていたいですし、冬になると朝なんて寒くていつまでも布団から出たくないですし、結局1年中いつだって朝はゆっくり寝ていたいんだよっ!! 春だけじゃねえだろうがっっ!!!
 ちなみに、僕は4月上旬は地方遠征で早起きを繰り返していたためか、まだその生活リズムが尾を引いておりいまだに起きる時間は早いです。だいたい11時くらいですね。目が覚めるのが朝の11時です。そして布団の中でだらだらスマホをいじって過ごし、布団から出るのは12時くらいです。それからラジオ体操や青竹踏みなどをしまして、散歩に出かけます。散歩ついでに途中でごはんを食べ、買い物なんかもして家に帰って来ると午後3時くらいになりますねえ。
 午後3時から4時まではネットサーフィンなどをして過ごし、4時から風呂に入ります。風呂を出てまたネットサーフィンをしているとどうも眠くなってくるので、そのまま寝ます。再び目を覚ましてゴロゴロしながらスマホをいじっていると、だいたい夜の8時ごろになりますね。そこでようやくしっかり起きて、夕ご飯を食べます。
 夕ご飯を食べてだいたい午後9時から10時ごろですねえ、いよいよなにか活動をし始めなきゃなっていう気持ちになって、パソコンデスクに座ります。しかしデスクに座ったはいいものの、なんだかんだと結局ネットサーフィンをしてしまい、ツイッターやらラインやらをいじっているといつの間にやら午前2時3時となり、寝る時間となるわけです。そしてまた翌日の11時に目が覚める……。
 最近はもうめっきりこんな生活パターンが定着してしまいました。自分をどうにかしたいです。こんな人間、ごはんを食べる資格もありません。我ながらあまりにも最低です。こんな人間が人並みに食事をするなんて許されざることです。自分が憎い。自分を殴ってやりたい。こんな自分が嫌いです!!
 ということで、ダメ人間は極力自分は食事をせずに、そのお金を貯めて恵まれないネコのためにamazonにキャットフードを発注することにしました。

 僕の地元であります静岡県浜松市で飼い主の飼育放棄により50匹のネコが保護されたそうでして、現在ボランティア団体さんが懸命に世話にあたっておりますが、物資が全然足りていないようです。詳細はこちらです。ネコ用品が余っているという方、懐に余裕のある方、ネコを助けてあげたいと思われる優しい方、ぜひご支援の手を差し伸べていただけませんでしょうか。伏してお願い申し上げます。TOPの記事にある「ご支援お願いリスト」という緑色の文字をクリックすると、amazonに直接支援品を発注することもできます! 心優しいみなさん! どうか愛を!
 

4月8日

 4月に入ってから、新刊「困ったココロ」のPRのために大阪・名古屋の書店さまをまわり、サンクチュアリ出版の営業の方と一緒にご挨拶をしてきました。
 まだ明日は浜松、明後日は静岡と挨拶まわりは残っております。挨拶まわりといっても書店様も忙しいですし、みんながみんな歓迎して下さるとは限りません。中には応接室まで招いてくださりお茶を出してくれるような感動的なご対応をいただけることもあれば、「売れてないですねえ」でどーんと突き放されることもあります。
 しかしどんな時でも営業の方は著者の保護者となって、営業活動の先陣を切り我々を適切な場所に導いてくれます。もちろん、親切に対応くださる本屋さん、手書きのPOPをつけてくださったり力を入れて売ってくださる書店員さんも多く、ともかく毎回書店回りというものをすると、本を売るという事柄には自分の手柄はごく僅かでしかなく、編集者の方、広報の方、営業の方、書店員さん、いろんな方のお力添えがあってこそ1冊の本がお客さんに届くのだ、その方々のお力なくしてはいくら著者が本を書いてもそれを読者のみなさんに届けることはできないのだ、ということを実感させられます。
 それだけに、関係する方々にそこまで一生懸命やっていただいて、しかしそれにもかかわらず本の売れ行きがイマイチであると、非常に責任と罪悪感を感じてしまいます。せっかくみんなが一丸となって売ろうとしてくれているのに、自分の文章の力が及ばなかったがために結果に結びつかずに申し訳ない……という気持ちにもなってしまいます。本屋さんもせっかく貴重なスペースを空けて僕の本を置いてくださっているのに、売り上げに貢献できていないと、申し訳なくてどんよりとした気分になります。
 ただ、結局のところこうして現場をまわり、出版社の方々や書店員さんとお話したり、地方に出かけたことで思わぬ出会いがあると、「これからも仕事がんばらなきゃなあ」という気にさせられます。
 今回は2カ所でサイン会も行いました。名古屋でのサイン会には大阪から、浜松でのサイン会には東京から、それぞれはるばる来て下さった読者の方もいました。
 また、今回名古屋のお客さんはみなさん大人で統一されていたような気がしますが、浜松ではご両親と一緒に来てくれた小さなお子さん、中学生や高校生の方たちなど、若い方の姿が目立ちました。そういう若い方というのは、本をボロボロになるまで読み込んでくれるのですよね……。そんなボロボロに読み込まれた文庫本をサインのために差し出されると、思わず感動で涙しそうになってしまいました。こんなろくでなしの本を、よくここまで読んでくれましたねと。ありがとうありがとう。
 しかしまだまだ、さくら剛のサインをもらったというのは友達に自慢できることではないと思います。さくら剛のサインもらったぜー!と本を見せても、「誰それ?」と言われるパターンが多いことでしょう。そこを「誰それ?」ではなく「すごいじゃん!!」と言ってもらうためにも、僕がもっと頑張らねばいけませんね。わざわざ金山まで、浜北まで、来てくれたみなさんの気持ちに答えるためにも、もっと精進して、良い本おもしろい本売れる本を書けるようにがんばりたいと思います。
 出張って、本当に素晴らしいですね。 

3月26日

 最近、散歩を再開しました!
 冬のあいだ、寒くてとても外に出られず、しばらく散歩を休んでしまっておりました。
 散歩を休み、外に出ることもなくなると気分もうつうつとしてくるもので、食欲も減退し、おかげで体重も2キロ減となりました。
 ところが! 散歩を再開し毎日1時間ほど歩くようになると、みるみるうちに食欲も復活、「たくさん歩いたからその分食べてもいいだろう」などと自分に言い訳をし、明らかに歩いて消費したカロリーの倍以上のカロリーのものを、散歩をしなかったなら食べなかったであろう量を、散歩をするようになったらお腹が減って食べてしまうようになっております。
 よって、体重はあっという間に元に戻りました。散歩を再開してわずか1週間で、減った分の2キロは取り戻しました。この調子でいけば、今から1週間後にはさらに2キロ増え、その1週間後にはまた2キロ増え……、そうしているうちにやがて、体重100キロ超えを果たす日も近いことでしょう。
 私はデブです。
 今日も思いました。散歩をしている時に。
 散歩をしながら、近所の建物のガラス製のドアなどの前を通るとそこに自分の姿が写るのですが、そのガラスに映り込んだ自分の姿を見て、おもわず「なんじゃこのデブの中年男はっ!!!」と叫んでしまいたくなるほど、自分の容姿が情けなく醜くおちぶれてしまっていることに気付きました。以前の僕は「松山ケンイチに似ている」とよく言われたものですが、今の僕の姿は客観的に見て上島竜平さんにしか見えません。今の僕は上島さんに瓜二つです。ソチデブリンピックに出場したいほどです。我ながらこのブタめっ!!!
 なぜ散歩をすると太るのでしょうか? 散歩をし始めると太るとすれば、散歩などしない方がいいということになります。散歩をしたことによって散歩をしたことに気持ち的にあぐらをかいて散歩で消費した以上のカロリーを摂取することになってしまうとすれば、散歩などせずにずっと部屋にこもっていた方がいいということになります。
 そういうことになりますね。
 結論出ました。
 ではまた明日からは散歩を取りやめて、極力外に出るのも控えて部屋でじっとしていようと思います。
 そういえばプレステ3版の「龍が如く」を買いましたので、これからは自分で散歩をするのではなく、ゲーム「龍が如く」の中で歌舞伎町を歩くことで散歩の代わりにしようと思います。
 散歩をするくらいなら、ゲームをした方がいい! みんなも引きこもってゲームをしましょう! 

3月12日

 こんにちは。ビッグダディラーのさくら剛です。ここのところ、海外ブラックロードpodcastさんに連続でゲスト出演させていただいております。
 とはいえあちらの番組に出ているさくら剛は仮の姿。仮の姿であり、また進行役のブラックな人々によって、思ってもいない悪いことを色々と言わされています。だからあちらの番組に出ている僕の話は話半分で聞いていただければと思います。悪い奴らの意のままに操られています僕はあちらの番組では。口惜しいです。
 そうは言いながらも、このさくら通信でのさくら剛もまた仮の姿。当然のことです。さくら通信のさくら剛が真の姿だったら僕の真の姿は変態だということになるので、さくら通信での僕の話もまた話半分で聞いていただければと思います。僕は根っからの真人間ですので。
 ちなみにビッグダディは4月からいいともの後番組のレギュラーになるということですね。タレントとして着々と出世しています。反対に美奈子さんはいきなりテレビで見かけなくなってしまいました。本の売り上げでは美奈子さんの勝ちでしたが、タレント業としてはビッグダディが逆転した感があります。まあ本の売り上げでは、美奈子さんに負けているビッグダディにも僕は大敗を喫しているので、僕が1番の敗北者です。情けないです。
 本の売り上げでいえば、ビッグダディに対して僕はスモールダディよりもさらに小さい、petty daddy(ペティダディ)です。ちんけな、つまらない、わずかな、という意味です。ペティダディ、つまりちんけなダディがこの僕です。本の著者としてもタレントとしても、美奈子さんにもビッグダディにもかなわないちんけなダディ……。いや、僕はダディではありません。ベイビーです。

2月27日

 こんばんわ。寒いですねえ。
 先週になりますが、東京にて史上初の「さくら通信オフ会」を行わせていただきました。
 平日の夜、しかも放送内では告知していないにもかかわらず、40名を超す大勢のみなさまに集まっていただき、非常に盛り上がった会となりました。また私個人的には、思いもよらず励ましのお手紙などのプレゼントをいただいてしまい、感謝そして恐縮してしまっております。参加くださったみなさま、どうもありがとうございました。心より御礼申し上げます。
 当日は緊張を紛らわすために最初から酒の入った状態で参上しており、ちゃんとみなさんとお話しできたか、不快な思いをさせてしまっていないか、若干記憶があやふやな部分もあり少し心配もしています。乱れていてすみません。
 なお、あの後は関係者だけによる謎の3次会というものがありまして、そこではいろいろと珍妙な光景が見られましたが、あのことはいつか放送内で言及していいものか、それとも見なかったことにしなければいけないものなのか、その判断も迷うところです。
 一般的には、オフ会の報告というものはたいてい集合写真や歓談中の写真などを公開して楽しさ、充実ぶりをアピールするものですが、なにぶん緊張をなんとかするために飲みまくっていたものですから、会場の写真を撮るということまで全然頭が回らず、あのオフ会の景色は思い出の中にのみ存在する景色となりました……。とまあそんなところでして、次のオフ会が果たして存在するのかはわかりませんが、もし「さくら通信○周年記念」や「さくら通信終了記念」、あるいは地方限定オフ会など、またいつかオフ会を開催することがありましたら、その時はまたきっと緊張しすぎて飲み過ぎるでしょう……。

 さて、話は変わりますが、先日海外ブラックロードpodcast新刊スペシャル放送に出演させていただきました。たまたまこの2月に新刊の発売が重なっております。嵐さんの「世界中の危険な街に行ってきました」、丸山さんの「海外あるある」、どちらも発売中です。詳しくは放送および下のAmazonリンクでご確認ください!
 みなさん寒い冬はあたたかい部屋にこもって読書をしましょう!

オフ会を行いま~~~~~~す

※募集は締め切りました。

みなさんこんにちは。さくら剛です。
さくら通信の再開ですが、2月16日(日)を予定しております。
それに伴いまして、2月19日(水)に、さくら通信初の試み、山本さん仕切りの元、「さくら通信再開記念オフ会」を執り行いたいと思います!
さくら剛と山本さんが参加する飲み会です。もしよろしければご参加ください。
お申し込みは以下をご参照くださいませ。
http://www.tkago.net/blog/2014/02/sakuraparty01.html