第147回放送 「中国地方の旅」

旅行時期からだいぶ遅れましたが、昨夏訪れました広島と山口、主に山口県の下関の観光について振り返っております。自分で勝手に振り返って、旅行の思い出話をしております。勝手に自分の旅行の思い出話をしてPodcastで放送して、それを聞いている人は楽しいのでしょうか? 謎です。僕は他人の旅行話を聞いてもまったく面白いと思いません。自分の旅話はみんなに聞かせたいですが、みんなの旅話には一切興味がありません。こういうギブアンドテイクの精神を持たざる人間は紛れもなく社会不適合者ですねえ。お世辞でも褒め合うのが大人というものなのに、それができないのなんて。「自分が自分が」と、いつでも自分のことばっかり。でもそれもある意味仕方のないことですだって僕が一番旅話が上手なんだもの……

補足ですが初日に訪れましたのは広島県の福山市、横尾駅というところが最寄りのこちらでした
http://www.urban.ne.jp/home/hecjpn/
Qさま!の問題として出ていて、そこで存在を知ったホロコースト記念館。ちょうどアンネの日記を読んでいた頃でした。
広島ではお好み焼き屋さんを2軒ハシゴし、2軒目は胃の限界によりひと切れまるまる残してしまいました。屈辱です。悔しいです。旅行の時は胃袋2倍になる必殺技でも修得できないものでしょうか。その分普段節約しても構いませんので。
ちなみにこの旅行に出発する直前まで、細菌に感染してひどい咳が止まらず本当に苦しみました。抗生物質も2つ目に切り替えるまで効かず……。やっと変えた薬が効いて、かろうじて収まったところで出かけてしまったためすぐにぶり返し、宮島口のお医者さんに行って薬を出してもらってから宮島観光に行きました。体調が優れぬ中、最高気温35度の観光はなかなかベトベトでした。帽子もないので頭が灼熱になりました。しかし牡蠣ももみじ饅頭も美味しかったです。もみじ饅頭はどうしてこんなに有名なのか、その理由がわかった気がします。そのへんのただのお土産、そのへんのただの饅頭とは全然違うなあとしみじみ感動しました。味わい深かったです。あなご飯も食べましたよ。ちょうど広島と呉に行ったこの旅行の後、年末に「この世界の片隅で」が公開され、旅行中の呉の風景を思い出しながら鑑賞させていただきました。