第168回放送 「『ホームアローン』の残虐性」

映画「ホームアローン」1,2の内容についてです。
クリスマスシーズンには「ホームアローン」がテレビ放映されるのが定番でしたね。
マコーレ・カルキンくんが登場するのがパート1とパート2ですが、大人になってからこの2作品を見返してみると、なんとも主人公の少年のサイコパス感が恐ろしく感じられます。もちろんカルキンくん自体がサイコなわけではなく、カルキンくんが演じるケビンくん、あの映画の中の子どもから、人を殺すことをなんとも思っていない凶暴性を感じるのです。
もし私が泥棒として彼のトラップを喰らえば、2階に辿り着く前に命を落としていることでしょう。しかもパート1で。むしろ玄関のドアにすら触れることなく骨折して帰って行くのではないかと。
なお、我々の話の内容に一部事実の誤認というか、登場人物を混同して喋ってしまっている部分がありますが、おそらく誰にも気付かれないとみた! ホームアローンのシーンを事細かに覚えている人などほとんどいないだろうから! ガッハッハ!

第167回放送 「伝説のファミコン名人」

知られざるファミコン名人のお話、知る人ぞ知るあの人たちのお話、
そうこの放送は、第123回「伝説のファミコンゲーム」へオマージュを捧げるものとなっております。お忘れの方は、まずは第123回放送をお聴きください。あとその次の124回も聴いてください。その後に、今回167回です!
ちなみに最近アップしているYoutubeでの第123回はこちら

ファミコン終末期を彩った、個性あるファミコン名人たちについて語っております。またなぜか「速読」と「家出のドリッピー」についても語っています。
20年以上前の時代、ファミコン名人に外国人や女性がいたなんて、みなさん知らなかったでしょう??

第166回放送 「現代アイドルの現場(アイドル入門編)」

現代日本人の必須知識、アイドルについて私、さくら剛が優しくコーチングいたします。名古屋コーチング。
なにしろ私自身もほんの数ヶ月前にアイドルに入門したばかり、よってもしかしたら所々ずれている発言もあるかもしれませんが、ずれていたとしても今回の講義の内容はそのまま学んでいただければと思います。みんなでずれれば恐くないし~。
なんとなく、アイドルというものに対しては、世間では偏見があるように感じます。しかしそれはアイドルについて知識が無いからであり、現場に行ったり、ドキュメントを見たりして彼女たちの頑張りを目にすれば、偏見は消え、誰しも「応援してあげたい」という気持ちが芽生えると思うのですよね。まさに私自身がそうでしたから。今では、アイドルの苦労や努力を知りもせず「アイドルなんて(笑)」と笑っていた自分が恥ずかしいです。

さて本日より、過去放送第14巻を発売開始いたします。
過去放送第14巻のおまけ放送の内容はこちら
販売ページはこちらです

第165回放送 「ノースケベノーライフ2」

注意:必ず1人でお聴き下さい!!
今回の放送内容には、過激な内容、ドスケベな内容が含まれています。というか最初から最後まですべてドスケベ変態淫乱トークとなっております。決してご家族と一緒にお聞きにならないように、ご注意ください。
エロなくして人生の発展なし。エロなくして仕事の成功もありません。日々裸一貫で人類のために貢献しているAV女優の方々に、感謝を捧げたいと思います。

第164回放送 「言いたいこと復活祭」

復活祭の季節になりました。
冒頭お聞き頂ければわかりますように、この放送は8月に収録したものとなります。諸事情により公開が遅れました。
この回をきっかけに、これ以降の収録スタイルを変えることになったという、裏側的に記念すべき回であります……。さくら通信は、クオリティにこだわりすぎて回を重ねれば重ねるほど準備、収録、編集がどんどん大変になっております! しかし収録が面白くなれば原稿の無駄も減り、編集も公開作業も楽しくなってモチベーションの上昇に繋がるということで、作品の質に妥協しない姿勢というのは大変さを補ってあまりあると思っています!
スポーツでも仕事でも、勝ってる時はチームがまとまる。結果が悪くなってきた時に、チームワークは崩れ始めるのです。Podcastも、ランクが上がればやる気と共に質も上がり、ランクが下がればやる気と共に質も下がるのです!
では2週間後まで、ごきげんよう

第163回放送 「ジャングル(南米編)」

南米のアマゾンに行った時のお話です。
南米で営業しているAmazonに社会見学に行ったわけではありません。元々の意味の本物のアマゾンの方です。木がたくさん生えているところです。

とにかく思い出に残っているのは、スーパー○○○ー○の恐怖と、その対策のために熱帯雨林のジャングルでずっと長袖長ズボンで過ごしたために、全身が常に汗だくのドロドロだったということです。あんな気持ち悪いことったらないね。それ以外の思い出は特にありません。なにしに行ったのかもよくわかりません。

拠点はペルーのイキトスでした。
ちなみに下の写真は、ネルビスくんの漕ぐボートでアマゾン川の支流の散策に繰り出したところです(クリックで拡大)。

水面の近さを見てください(オールに注目)。こういう状況で「アリゲーターが水面に出て来るから探してみよう」と言われても、ワクワクするものなどなにもありません。事故に遭わないうちにロッジに帰りたい、私が願うのはただそれだけでした……。もし本当にアリゲーターに出くわしていたら、私はビックリしてカヌーから落ちたのではないでしょうか。アマゾンはやはり行くものではなく、家に届けてもらうものですね!!!
もしくはディズニーランドのジャングルクルーズ程度が苦しくも危なくもなくちょうどよいです。