第164回放送 「言いたいこと復活祭」

復活祭の季節になりました。
冒頭お聞き頂ければわかりますように、この放送は8月に収録したものとなります。諸事情により公開が遅れました。
この回をきっかけに、これ以降の収録スタイルを変えることになったという、裏側的に記念すべき回であります……。さくら通信は、クオリティにこだわりすぎて回を重ねれば重ねるほど準備、収録、編集がどんどん大変になっております! しかし収録が面白くなれば原稿の無駄も減り、編集も公開作業も楽しくなってモチベーションの上昇に繋がるということで、作品の質に妥協しない姿勢というのは大変さを補ってあまりあると思っています!
スポーツでも仕事でも、勝ってる時はチームがまとまる。結果が悪くなってきた時に、チームワークは崩れ始めるのです。Podcastも、ランクが上がればやる気と共に質も上がり、ランクが下がればやる気と共に質も下がるのです!
では2週間後まで、ごきげんよう

第163回放送 「ジャングル(南米編)」

南米のアマゾンに行った時のお話です。
南米で営業しているAmazonに社会見学に行ったわけではありません。元々の意味の本物のアマゾンの方です。木がたくさん生えているところです。

とにかく思い出に残っているのは、スーパー○○○ー○の恐怖と、その対策のために熱帯雨林のジャングルでずっと長袖長ズボンで過ごしたために、全身が常に汗だくのドロドロだったということです。あんな気持ち悪いことったらないね。それ以外の思い出は特にありません。なにしに行ったのかもよくわかりません。

拠点はペルーのイキトスでした。
ちなみに下の写真は、ネルビスくんの漕ぐボートでアマゾン川の支流の散策に繰り出したところです(クリックで拡大)。

水面の近さを見てください(オールに注目)。こういう状況で「アリゲーターが水面に出て来るから探してみよう」と言われても、ワクワクするものなどなにもありません。事故に遭わないうちにロッジに帰りたい、私が願うのはただそれだけでした……。もし本当にアリゲーターに出くわしていたら、私はビックリしてカヌーから落ちたのではないでしょうか。アマゾンはやはり行くものではなく、家に届けてもらうものですね!!!
もしくはディズニーランドのジャングルクルーズ程度が苦しくも危なくもなくちょうどよいです。

第162回放送 「現代アイドルの現場(オーディション編)」

ホリエモンがプロデュースする、アイドルグループのオーディションを観覧してきました。
なにしろ駆け出しのアイドルを語るにはスピード感が命。走り出したアイドルの卵たちに負けないよう、こちらも勢いをつけてレポートしなければなりません。
アイドルには一切興味がないとはいえ、オーディションから帰って即座に原稿を作り、翌日は朝から推敲をして収録をして、そのまま編集をして! 1日15時間さくら通信の作業でした……背中が痛い……いったいなんのためになにを頑張っているのだろう僕は……
それにしても、見なければいけない伝えなければいけない、そして応援しなければいけない助けなければいけない。理由なんてわからないけど、そうさせられてしまうのが、アイドルってもんなんです。
昨日オーディションに合格した子たちが、どうかアイドルとしてビッグになりますように!

第161回放送 「現実的な『北風と太陽』」

北風と太陽のお話、なんだかおかしくないですか?
これだけ毎年猛暑猛暑と、都市部では熱射病で死亡する人が後を断たず、日照りが原因の不作で餓死した人数は有史以来数知れず。その元凶となった恐ろしき太陽を、まるで温かい心の持ち主であるかのように讃えるのはいかなることか。むしろ北風の方が、私にとっては北風の方が、「冬」「クリスマス」「暖かい家」「シチュー」「年末年始」といったワクワクするような行事を思い出させ、よっぽど温かい気持ちにさせてくれます。
とはいえ、勝負を引き受けた北風も北風ですけどね。
だって、「風を吹かせて服を吹き飛ばす」なんてこと、普通に考えて不可能じゃないですか。北風自身の経験に照らし合わせても、そんなこと今まで成功したためしはないはずです。そのような無謀な勝負をどうして彼は引き受けてしまったのか。そもそも同じ土俵に立つべきではなかった。まあ勝負を受けたのは北風ではなく「北風を吹く謎のやつ」なんですけどね……

北風小僧の貫太郎はこちら

なお、サモハンキンポーの映画「五福星」について、「チンケが透明人間になる薬を飲んだ」と放送内で言及しておりますが、これは私の記憶違いであり、実際は「チンケが自分で『透明人間になる本』を読んで、呪文を唱えて透明人間になった気になった」というのが正解でした。五福星はhuluで観られますよ~! 若い時のサモハンとジャッキーの動きは本当に人間離れしています。

第160回放送 「仁義なき戦い」

おう! ケンカか!! ケンカならケンカいうてはっきり言えや!!

なに? 金? まあまあ、そうこまあゼニのこと言いなんなや。競艇はこっちの渡世とは関係ないんじゃけん。会長じゃ言うてもよお、自由にはならあせんのよ、のう?

チャララーーーー!! チャララーーーーー!!
あ~~あ~~~あああああ~~あ~~~あ~~あああああ~~~~(『北の国から』のテーマ)

以下Wikipediaより引用
『キネマ旬報が2009年(平成21年)に実施した<日本映画史上ベストテン>「オールタイム・ベスト映画遺産200 (日本映画編)」では、本作を歴代第5位に選出した』
該当ページ http://archive.fo/fFSz

公開から40年が経っても、映画「仁義なき戦い」シリーズは日本映画の中でベスト5に入る評価を受けています。どれほど仁義なき戦いが名作だったか、そしてどれほどその後の日本映画にたいした作品がなかったのか……、つまりそういうことです(涙)。

なお、放送を聞いて仁義(以下略)を観たくなったという方もいると思います、むしろこの放送を聞いた方ならば漏れなくみなさん実際に観てみたいと思われたことでしょう、その場合はレンタルせずともhulu、Netflixで仁義なき戦いシリーズはすべて観ることができます。
会員の方はそのまま観れますし、会員でない方は、お試し登録をして無料期間中に観てしまえばよいのです。

最近の日本映画は、アニメを除いてほんとに使い捨て作品になってますね! 今年上映された作品で、何十年も語り継がれるようになる映画が果たして1本でもあるでしょうか? テレビドラマは結構面白いものもあるんですけどー、映画はほんとに日本のは存在感ないですよね……。がんばって欲しいです。

第159回放送 「のび太とセワシ」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

なぜドラえもんは20世紀の世界に送られて来たのでしょうか? どう考えても矛盾を感じます。セワシくんの愚行……セワシくんはアホではないだろうか……。セワシくんは根本的に間違っている!
しかしそんなことを言っていては物語は成り立たないので、これはあくまでつまらない大人のつまらないケチです。マンガの設定にケチをつけるなんて野暮にもほどがあります。自分だって非現実的な小説を書いているのに。
好きな大長編は、「のび太の宇宙開拓史」「のび太の大魔境」「のび太の魔界大冒険」「のび太と鉄人兵団」あたりです。バウワンコ王国! リルル~~~!

『感じる科学』文庫版、よろしくお願いいたします!

第158回放送β 「すぐ話す夏の恐怖体験談2の後」

恐ろしや……恐ろしや……
夏の終わりを前に、この「すぐ話す恐怖体験談」シリーズも終焉を迎えます。お迎えが来たのです。この世を去る時が、来たのです。
このような恐ろしい体験談を封印を解いて公開してしまったからには、聴いている方たちの身になにかが起こるかもしれません。話し手には特になにも起こらないですけれど、このテの話は得てして聴く方になにかが起こるようになっているものです。
もしも危ういことに巻き込まれるようなことがあれば、除霊をなさってください。エロイムエッサイム、エロイムエッサイム……、リスナーのみなさまが健やかに秋を迎えられますよう、私は心からお祈り申し上げております。
放送の最後で申し上げておりますが、他番組様でこの企画を実施したいという方は、ご自由にお使いくださいませ。その際は簡単で構いませんのでさくら通信のことをご紹介いただき、リンクなども貼っていただけましたら光栄に存じます。
勇気あるチャレンジャーが現れますことを期待して、夏の終わりを待ちたいと思います。
※Podcast以外でも、ツイキャス・ニコ生・なにかしらの番組等、さくら通信の紹介さえ入れてくださればどこでも自由に企画をお使いいただいて結構でございます。事前連絡はいりません。

第158回放送α 「すぐ話す夏の恐怖体験談2の前」

いよいよ本格的な夏到来、本格的な恐怖体験シーズン到来です。
第157回放送の続きですので、まずは前回放送からお聞きください!

この放送を聞いたことによりリスナーの皆様がなんらかの霊体験に巻き込まれたとしても、さくら通信では一切の責任を負いかねますのでご了承くださいませ。

なお、このテーマは2回分で終わる予定で収録いたしましたが、なんと1本目が1時間半、2本目が2時間という長々しい……いや禍々しい収録時間となってしまいました。
1本目は30分削り1時間に収め、2本目も30分削ったんですがそれでも1時間半になり、ちょっと長すぎるので前後半に分けてアップすることにしました。次回、ヘトヘトの最終回もお楽しみに……おそろしや……お恨み申す……

第157回放送 「すぐ話す夏の恐怖体験談1」

あの恐怖体験……、誰にも言えなかった、あの恐ろしい体験。
夏だから、お話しします。夏はみんなが恐怖体験を話す季節であり、お話しすることによって霊のみなさんを供養してあげるという、そういう方向性もある模様です。そんな昨今です。この世には、あなたの知らない世界があるのです。恐山……そして青木ヶ原の樹海……こわい……誰かが見ている……
私もそろそろ成仏する時がやって来たような気がします。霊界では引きこもらずに楽しくやっていけたらいいなと思っています。霊の世界でも、モテるモテないで悩むことがあるんでしょうか。そんな悩みからは、もう解放されたい。
霊界でも、きっと人口増加は大きな問題となっているでしょう。なにしろ、霊の世界では誰も死なないのですから。ただただ死者は増えるだけなのですから……ほら……あなたの後ろにも……

第156回放送 「面接」

※公開休止中 過去放送&おまけ新作セットを購入するとお聞き頂けます

面接ほどバカバカしい行事はない!
人はみな、面接は茶番だって気付いているのに。だのになぜ、大人たちは面接をするの?
就職における面接、志望動機や自分の長所や短所や特技やセールスポイント、そこに意味はあるのかい。そこに希望はあるのかい。それを語ることで、救われる子どもたちがいるのだろうか……?
自分で自分の長所や短所を発表することになんてなんの意味も無い。自分の長所を自分で言うような奴は傲慢であり、自分で言った時点でその長所は潰れてしまう。どんな長所があろうとも、「自分で自分の長所を言う奴」というマイナスポイントの方が悪目立ちし、その欠点が長所をかき消してしまうのだ。
そして短所、自分の短所を自分で言えるほど短所に気付いているのに、気付いていながら今まで治せずに現在もその短所を持ち続けているということは自分が人間的に未成熟でだらしない存在だということを発表することになるのだ、そういうことになるのだ、自分で自分の短所を述べるなどという行為は。
従って、自分の長所や短所を聞かれたら、そんなものは人様に話すようなものではございませんと、答えるのが正解であって、ぺらぺらと僕の長所はこれで私の短所はこれなんですよなどと宣言するのは愚かなことこの上ないのである。あんたたち、やめておしまいそんなもの。あんたたち~やめておしまい~そんなもの~なにはともあれ~放送聴けよ~(短歌調)。
ガッッデム!!!